【花の写真】落葉や冬木立の中に、雪柳や福寿草が咲き出した境・御嶽山公園

 ウオーキングを兼ね境・御嶽山公園(伊勢崎市)に写真を撮りに行く。家を出る時は、風も穏やかで晴れていたが、吹さらしの原っぱの雪柳は、小枝と一緒に花も大揺れだった。

yukiya27.jpg

 河川敷に大きな雪柳が数本あるのでウオッチ、すると明るい茶褐色の早春の世界に白い小っちゃなカワイイ花がポツンポツンと数輪咲き、同じ枝のつぼみはほころんでいる。だが、残りの殆どの枝は硬いつぼみが連なったままだった。
このつぼみも、直ぐに次々と花開くだろう。

賑やかな子沢山の花の世界が誕生する。何とも、うらやましい雪柳の世界だ。

 ときに、この雪柳、空っ風で大揺れだった。さらに、揺れるリズムも複雑でタイミングを予測できない。息を止めて、睨めっこ・・・の繰り返しで、撮った中の1枚。殆どがぶれて写っていた。

fukujyusou49.jpg

場所を変えて、福寿草の咲く原っぱへ。以前は廃材やゴミ置き場だった気がする。空っ風を真面に受ける荒れ地のような場所、そのせいで土にもいろいろな異物が混じっている。(そう想いながらも、ツイッターに繰り返し出てくる福寿草の写真にも、同じような土もある・・・)
 シングルマザーと娘さんの幸せな姿を、イメージしてパチリ。

fukujyusou50.jpg

 薄曇り時々陽が射すお天道様待ちの撮影になった。待ち時間の退屈さも加わって、福寿草と睨めっこすると、やっぱり、地面の異物が気になった。

 fuyukesiki32.jpg

薄日が差した瞬間に逆光で、落葉や冬木立の茶褐色の世界を、パチリ。青々としているのは彼岸花の葉っぱ。福寿草は、この右側の北側の原っぱに咲いている。福寿草も、こんな環境なら良いな、が実感だった。


投稿日:2019年02月22日