【花の写真】薄茶色の風景に、つい派手な黄色の配色が大目の構図でパチリ

 11月5日あかぼり小菊の里に行く。10日程前に撮った記事(茶色の玉菊が多くチョイ地味な感じだが紅葉と同じ色合いだ)でも書いた通り、今年は薄茶色が多く地味な感じがしたが、薄曇りのせいもあったかな、と、快晴の今日、再チャレンジして確認してみた。

kiku233.jpg

 やっぱり、薄茶色は地味な感じで、写真の構図では自然に黄色の配色が多くなってしまう。ビタミンカラーの黄色は、キラキラ感で元気を誘う快適な色なのだ!

kiku234.jpg

 意識して、黄色を配色する構図になってしまうが、これが自然の成り行きだ。

kiku235.jpg

 黄色を多めににした構図を探して、パチリ。

kiku236.jpg

 背景に赤城山、前景に柿の菊景色で、パチリ。

kiku237.jpg

 賑やかなイベント風景の裏側を、パチリ。

kiku238.jpg

 この写真は、薄茶色が多めの写真。紅葉と同じような色合だが、やっぱり地味な感じが結論になった。と、言うことで、今回は少ない黄色を大目に配置して撮った写真になった。


投稿日:2019年11月08日