【花の写真】スプーン咲きスプレー菊、現代的でモダンな菊の印象だった

  • 関連キーワード:

 いつも眺めているご近所花壇。いろんな菊が咲き花盛りになっている。中でも気に入ったのがスプーン咲きのスプレー菊。

 名前が判らず確認のため、花弁の形がスプーンに似ているので、"スプーン スプレー菊"でググってみると、スプーン咲きスプレー菊と判明、他にもストロー咲きとかアネモネ咲きなどもあるようだが、どれも独特の花弁の特徴を表している。
 その魅力に惹かれ、いろいろなカメラアングルで撮ってみた。

kiku265.jpg

 白菊に交ってオレンジ色のスプーン咲きのスプレー菊が輝いていた。

kiku266.jpg

 よく見ると、黄色のストローの花弁の先を斜めに切り落とした形で、内側がオレンジ色の様に見えた。

kiku267.jpg

 花の色は、射し込む光線加減で微妙に変化して見える。黄色の様にも、オレンジ色の様にも見えませんか?
いずれにせよ、青空を背景に野菊とは異なった、現代的なモダンな菊の印象だった。

kiku268.jpg

 白菊に囲まれた姿を、逆光でパチリ。

kiku269.jpg

順光でアップして、パチリ。
 風車のようなシンプルなスポーク状は、ダイナミックに回転する車輪を想わせる。これも、現代的なイメージに重なった。
 スプレー菊は、現代的な菊だな、イメージともマッチしている、と感心した。


【備忘録】商標の2回目の手続補正書を特許庁へ簡易書留で郵送した。
 特許庁から、2度目の拒絶理由通知書が届いた。
内容は、同一の指定商品が2つの異なる区分(業種区分)に記載されているため、片方を異なる指定商品に補正する様に、とのことだった。
 具体的には、ステンドグラスパネル用格子枠で、建築材料(第19類)と家具(第20類)に申請していたので、第20類の方を家具用ステンドグラスパネルの格子枠に補正した。


投稿日:2019年11月26日