【花の写真】白もくれん。薄茶色にくすんだ花弁を発見、ホッとした感じ

 3月12日暖かな撮影日和に恵まれた午後、うぬき公園にネコヤナギのウォッチを兼ね、出掛けた。が、ネコヤナギはチョイ早かった、と感じながらもパチリ。一週間後に再チャレンジの予定。菜の花や紫花菜などを撮り、一回りして最後にもくれんを。

mokuren75.jpg

 見頃になった白もくれんの花。くすみもなく純白の輝きを、パチリ。

mokuren76.jpg

 見上げると、折れ曲がり垂れ下がる枝に咲く白もくれんの花、アートぽい構図で、パチリ。
青空に溶け込む白さが、眩しかった。

mokuren77.jpg

 さらに、アップして、パチリ。

mokuren78.jpg

 よく見ると、薄茶色にくすんだ花弁を発見、ホッとした感じになっていた。
この気持ちの微妙な揺らぎ、どういうことなんだろう。癒しを感じていた様だ。
 80歳近くになった身には、少し汚れが混じった白さの方が味わい深いことを実感していた。自分事として共感した様だ。

mokuren79.jpg

 午後4時近くの陽射しの下で、パチリ。

mokuren80.jpg

 公園風景を背景に、パチリ。夕暮れに点灯する街路灯のイメージだった。


投稿日:2020年03月16日