【花の写真】カタクリ。小さいユリに似た花形で花弁が反って下向きに咲く

 3月19日快晴で無風、天気予報の最高気温21℃、朝9時出発して嶺公園へ。目指すはカタクリと水芭蕉、と勇んで。
しかし、水芭蕉は未だ写真撮影は難しい状況でパス(古いカメラなので、でも欲張ったら切りがないし、足るを知り、このカメラを使いこなすこと)一週間後にウォッチの予定。
 直ぐに、カタクリの山に向かう。

katakuri31.jpg

 カタクリは咲いていたが、未だ花も小さく背も低く、これまた撮るのが難しい感じ。

katakuri32.jpg

 そこで、いつも携帯している小さなシートに、膝をついて背を丸くしてかがみこんで撮ることに。

katakuri33.jpg

 この姿勢だと、見上げる角度で青空を背景に入れるのが大変で、いつもお腹が圧迫され息苦しくなってしまう!(リバウンドして3Kg位肥り、標準と肥満の境界線を行ったり来たりしている現状)
 でも、我慢して、パチリ。ピント合わせが大変、甘いかな、仕方ないな!

katakuri34.jpg

 チョッピリ、青空を入れた構図で、パチリ。青空を入れるのに、こだわっている。

katakuri35.jpg

 大きく青空を入れて、パチリ。息苦しいのを我慢してたら、咳き込んでしまった。

katakuri36.jpg

 徐々に、慣れてきて、パチリ。どうにか、落ち着いて撮れた。

 最後になったが、カタクリの花の特徴を、ググッてみると、 とても小さいがユリに似た花形で、花びらがクルリと反転していて、うつむいて咲く。 カタクリの花色は淡い紫色、と載っていた。
 こんな感じに、撮れたかな?


投稿日:2020年03月20日