【花の写真】ヒイラギナンテンの花よりギザギザした葉に、視線は釘付けに

 3月21日、お彼岸の3連休の土曜日、退屈しのぎに、いせさき市民の森に散歩がてら見頃の花を撮ろう、と出掛けた。お目当てのハナモモはチョイ早過ぎパスした。

rh23226.jpg

 河津桜は既に、薄茶色の葉桜に移ろい、散歩する人達も暖か日和に恵まれてコートを脱ぎ春の装いに。柳の新緑が艶やかな光沢でしなやかに揺れ、春を告げていた。

rh23224.jpg

 何か咲いていないか、と目を凝らすと、真っ赤なボケの花を発見したが、近づくと見頃を過ぎ写真はパス。

rh23221.jpg

 ふと、隣のヒイラギナンテンを見ると、黄色ポイ花が咲いている。直径数ミリの小さな花がシンビジューム風に縦に並んで咲いていた。rh23222.jpg

 そこで、アップして、パチリ。花よりギザギザした葉に視線は釘付けに。色合、質感、形に、花にない鋭さを感じ、魅力的。

rh23223.jpg

 小さな花達を囲んで守るギザギザの葉、トゲで外敵を防ぐ洒落て武器の様で頼もしく見えた。

rh23225.jpg

 土佐ミズキも房が3段に増え、吊るし雛のイメージに成長していた。
お彼岸の公園は、コロナにもかかわらず、散歩する人、ペット連れの人、家族連れの人、日向ぼっこする人などで賑わっていた。


投稿日:2020年03月26日