【花の写真】木道を沢伝いに下ると落葉風景に、一本だけサザンカの木が花を

 12月16日久しぶりに嶺公園を訪ねる気になった。半年前にお化けの様な水芭蕉の葉っぱを撮って以来になる。チョイチョイ来ようと思っていたはずなのに・・・。
 一歩木道に踏み込むと、幾人もの人達が大砲の様なレンズのカメラを皆抱えてる。花や風景でなく鳥を撮影する人達だ。
 花や風景を撮る人は、私だけの感じで場違いな雰囲気がした。

k112191.jpg

 木道と休憩ベンチ。チリ一つなくきれいに掃除してくれるのは、北風の役目。

k112192.jpg

 木道の先で二手に分かれ、沢を下れば水芭蕉の湿原が続き、山側を登ればカタクリの群生地へ。
見上げると、紅葉も終り初冬の冬景色だった。

k112193.jpg

 3月になると水芭蕉の花が咲き出す湿原の今の姿。木道が無ければ、ただの浅い谷底風景に見える。ここが白い水芭蕉の花の咲く別世界へと変身する。

k112194.jpg

 落葉の吹き溜まりで花はないだろうと想っていたら、一本だけサザンカの木を発見。

k112195.jpg

 可憐で小さな紅い花が咲いていて、清々しい気分にしてくれた。

k112196.jpg

 ふと、目を上げると名残りの紅葉風景が見える。
師走の嶺公園は、名残りの紅葉と初冬の冬景色とが入り交った雰囲気だった。


投稿日:2019年12月20日