【花の写真】クリンソウと赤城山景色、いろんな模様に見えた菜種畑の面白さ

 5月14日霞んだ赤城山とシャクヤクの花景色の続き。溜め池に流れ込むせせらぎに沿って咲くクリンソウ景色。
 さらに、晩春の霞んだ赤城山と菜種畑景色を、パチリ。
kurin41.jpg

 赤城山を背景に、いつもの構図でクリンソウを、昨年も撮った構図で、パチリ。他に撮り様もない光景と思いながらも、他の視角がないかな、と、しばらく眺めていたら、反対側からスマホで撮る女性がいた。

kurin42.jpg

 真似して、赤城山を背に、クリンソウを見上げる構図で、パチリ。

kurin43.jpg

 良い感じと頷きながら、もう一枚、パチリ。赤城山を背景に入れ撮ることだけ考えていて見向きもしなかった構図だった。 出来れば、クリンソウのアップ写真も欲しかったが、これは無理だった。

nanohana123.jpg

 場所を変えて、芽生えたばかりのそば畑と赤城山遠景を、パチリ。久々に土の匂いを味わった。

nanohana124.jpg

 次いで、赤城山を遠景にした、菜種畑を、パチリ。清々しい清涼感のイメージかな。

nanohana125.jpg

 菜種景色を、雪模様や松葉模様の様にも見えるイメージで、パチリ。とにかく、視角により見た瞬間、いろんなイメージが浮かび、興味尽きない面白さがある。なのに、静かな落ち着いたイメージもする。
 最初、アップで見た瞬間、カラタチの棘、次に、雪結晶、小紋模様なども浮かんだ。支離滅裂な面白さが楽しさになっていた。
 艶やかなシャクヤクの花と真逆な落ち着いた景色が展開していた。
これだから、犬も歩けば棒に当たる、花撮り散歩は止められない。


投稿日:2020年05月17日