【花の写真】赤城南面千本桜の冬景色。苗を植えた地元のエピソードに感動

 12月24日8ヵ月ぶりに赤城南面千本桜へ。前回訪れたのが4月20日で桜満開の記事(赤城南面千本桜。満開の桜トンネルは眩しく輝いていた)を書いている。(いや、この間数回立ち寄っているが写真を撮っていなかった)
 師走の風景を撮ってみたかったので訪問したところ、駐車場に数台の車。後で、分かったことだが犬の散歩で訪れた人の様だ。出会ったのは、犬の散歩する3人だけだった。
 北風が肌を刺す様に冷たかったが、防寒対策はしっかりしていたので助かった。

f112295.jpg

 駐車場に入って、先ず目を見張ったのが一面に緑色した菜の花畑。今春の訪問時菜の花も満開だったことを思い起こすと、この菜の花が来春咲くことになるはずだ。その時の今春の記事(赤城南面千本桜のお花見。ふと、何故この景色に感動するのだろう

f112286.jpg

 誰もいない師走の赤城千本桜。青空と緑の菜の花畑に赤城山。写真で見る限り、穏やかそうだが、北風が冷たく肌を刺すように寒かった。

f112291.jpg

 お花見時期は、通行止めになる桜のトンネルの道。葉を落とした幹と枝だけの殺風景な景色、緑の菜の花が和みの風景に変身させたとも想えた。今は忠治温泉に向かう一般道になっている。

f112292.jpg

 この構図で、今春桜と菜の花を撮った記憶がある。(下の写真)

sakura492.jpg

 春爛漫の桜や菜の花が満開の華やかな風景、右端に桜のトンネルの一本道がある。
桜の花の咲いている期間は、高々2週間とすると、年間の4%で残りのほとんどが師走の風景に近い気がする。
この師走の風景との落差の大きさが、桜の花の潔さにも通じ、大きな魅力になっているのだろう。

f112294.jpg

 北から見下ろした眺め。桜の冬木立が並ぶ殺伐とした風景越しの菜の花畑。癒しの風景だった。
 ここを訪れる度に思い出すのが、地元の人達の千本桜に対する並々ならぬ努力の歴史だった。


投稿日:2019年12月29日

人気タグクラウド