【花の写真】優しい香りを漂わせ、ウインクして誘っている様なシャクヤクの花姿

 5月14日クリンソウと赤城山景色の続き。今回はシャクヤクの花姿。5月の鹿田山フットパスで感動したのは、何と言ってもシャクヤクと赤城山遠景景色、但し天候に恵まれれば、の話。次いでクリンソウ、菜種畑、といづれも背景に赤城山が見えること。
 今回のシャクヤクの花姿は、近づいて香りを楽しんだり、艶やかさに見惚れたり、と充分堪能できた。

syakuyaku28.jpg

 ウインクしている様なポーズを、パチリ。撮っている時は、両目パッチリした写真を狙ったつもりだったんだけど、片目になってしまい仕方ないな、と。だが今見ると、面白味のある写真だな、と。こんなことは、時々あることで、夢中になって撮っている時は気付かないが、後で冷静に見ると新たなイメージに気付くことも多いのだ。

syakuyaku29.jpg

 シャクヤクの花を横の視角から、パチリ。密接に顔寄せっている親しいみをイメージしてみたが、コロナの今は3密が叫ばれている、異常な社会。

syakuyaku30.jpg

 人に会うのも、3密に注意しなければ、と窮屈な生活を強いられているコロナ汚染社会。写真の様な明るい笑顔で親しみのある楽しい生活は、何時になったら戻ってくるのだろう?

syakuyaku27.jpg

 シャクヤクの花畑にチョイカメラを入れて、覗き込んだ様子を、パチリ。コロナで混乱している世相を反映している様な雰囲気がした。

syakuyaku31.jpg

 3密を避けて、屋外で、一人で、美味しい空気を吸って、花撮り散歩する女性、溌溂とした爽やかさが溢れてた。

syakuyaku32.jpg

 見飽きることもない景色、チョイ未練を残しながら、帰ることに。楽しい出会いがあれば、別離もまた、必ずやって来る。


投稿日:2020年05月17日